2015年11月9日月曜日

ANACHRONORM 毛織物の産地・尾州の機屋で織り上げたクラシカルなウールサージ織りの素材を使用したチェスターコート

ANACHRONORMからウールギャバジンを使用したチェスターコートが到着しました。
アナクロのコートは毎回シルエットが抜群です。



生地は毛織物の産地・尾州の機屋で織り上げたクラシカルなウールサージ織りという素材を使用しています。
形はワークコート(エンジニアコート)のデザインを取り入れたチェスターコート。

今季は例年にも増して丈の長いアウターに注目しています。
なぜなら細身のパンツみなさん行き渡ってますよね。
細身のパンツに丈の長いコートとても相性が良いです。

是非チェックしてみてください。

ANACHRONORM
ブランド名のANACHRONORMとは「anachronism(良い意味での時代錯誤)」と「norm(基準)」との造語”から由来している。次の時代のヴィンテージ、そしてスタンダード”をコンセプトにして、技術的には未成熟で粗野なモノづくり感を、現代の生地・縫製・加工技術で表現。 日本の素材・技術をふんだんに使い、手作業ならではのシワ、ダメージ感、風合い、味わいを今の新しいスタイルで提案する。


====================================================

11月15日に出展させていただくDUB WISEに向けサンプル製作してます。
今日はARROW SIGNを作りました。
お尻の枠になるスチールがあとちょっと足りなくて。。残念でしたか追加しました。
でも作ってみると、こんなヘタウマ感じが手作りならではで気に入っちゃいました。笑
いいっすよね!

実物もヘタウマでいい感じです。笑
興味のある方は15日 日曜日の昼間からGrass Rootsでお待ちしてますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿