2022年12月3日土曜日

HEADLIGHT OVERALLS ヴィンテージ市場で高値で取り引きがされる1940年代の大戦モデルを復刻したカバーオール

こんばんは。このブログをご覧いただきありがとうございます。
今夜は昨日に続きHEADLIGHTの新作、ヴィンテージ市場で高値で取り引きがされる1940年代の大戦モデルを復刻したカバーオールをご紹介致します。
第二次大戦時の1942年、WPB(War Production Board)の物資統制により、銅の使用や衣類のデザインに規制されていた過去があり、各ワークブランドも様々な大戦モデルがヴィンテージ市場で高値で取引がされています。

その物資統制により、フロントボタンは5つから4つに。胸ポケットは懐中時計とペンシル用のみですが、便利な内ポケットは存在。個体によっては織りネームが付かないものも存在。補強のための当て布も禁じられたシンプルなポケット。袖口のボタンも2つから1つ。
ヘッドライトでは早期にチャンジボタンを使い切ったためか、大戦モデルの多くが唐草ドーナツボタンを使用していますが、提携ブランドのクラウン社の大戦モデルではチェンジボタンを使用したタイプも存在。

その為、今回は超レアなクラウンのヴィンテージを元にヘッドライトファン必見となるチェンジボタン仕様の対戦モデルをリリース。シンプルな分、1920年代以前のクラシカルな雰囲気。

2022年12月2日金曜日

HEADLIGHT OVERALLS 1950年代のビンテージを元に復刻生産された通称"ダブルニー"のペインターパンツ

こんばんは。このブログをご覧いただだきありがとうございます。
今夜は1900年代初頭からスタートし、1960年代まで存在したラーンドカーター社のブランド"ヘッドライト"の実名復刻、1950年代のビンテージを元に復刻生産されたぺインターパンツをご紹介致します。

ポケットの袋布から膝まで二重になった「ダブルフロント」(ダブルニー)。
大戦後の移行期のモデルのためフロントは二重になっているものの、ヒップポケットやツールポケットの当て布はまだ付けられていない時期の物。
フロントのトップボタンは2クローのスナップボタン、フライは無地のブラスドーナツボタンを使用。
素材はワークパンツの定番10oz.ブラックバックデニム。縦糸インディゴ、緯糸グレー、履き込むことでヴィンテージのような経年変化を楽しんで頂けます。

コアな方ならお気付きかもですが、最近のコーディネートはかなりワークパンツが多めでした。ジーンズといわれる13, 14oz.より10oz.程度のものが店主の中で何故か流行りです。(一番下に画像だけ貼っておきますね)
店頭の在庫は小さいものばかりだったので、是非こちらを。

2022年12月1日木曜日

JACKSON MATISSE ウール素材の2トーンでJACKSON MATISSEの刺繍がされたロゴキャップ

皆さま毎度こんばんは。いつもこのブログをご覧頂きありがとうございます。
今夜はJACKSON MATISSEの新作、ウールの2トーンCAPをご紹介させて頂きます。


国内生産のオリジナルボディーならではの洒落た2トーンの組み合わせで、バランス最高なJACKSON MATISSEのロゴ刺繍に浅めの被りとレザーストラップが特徴的。
ジャクソンマティスは毎回センスと生産力に脱帽でございます。

2022年11月30日水曜日

CAL O LINE 軽量で伸縮性のあるニットメルトン生地を使用したフーデッドベンチコート

こんばんは。このブログをご覧いただきありがとうございます。
今夜はCAL O LINEの軽量で伸縮性のあるニットメルトン生地を使用したフーデッドベンチコートをご紹介致します。
布帛(ふはく/織物)のウールメルトンのように見えますが、布帛よりも劇的に軽量で、ナチュラルなストレッチ性も兼ね備えたウォーム感のある素材。
袖にはイーグルフェザーのサガラワッペン。鹿革や麻紐で結ばれた2枚の羽をモチーフにオリジナルで製作。

クラシカルなスポーツスタイルのスナップボタンのシンプルなフーデッドベンチコートはスタジャンやコーチジャケットと並び、長年飽きの来ないスタイルです。

2022年11月29日火曜日

CAL O LINE 散弾銃で打たれたような小穴があいたオリジナルパンチングデニムを使用したユーズド加工のデニムパンツ "PUNCHING DENIM PANTS"

こんばんは。このブログをご覧いただきありがとうございます。
今夜はCAL O LINEの新作、2タックの変わり種デニムパンツをご紹介致します。

総柄に見えますが、散弾銃で打たれたような小穴があいたオリジナルパンチングデニム。
適度にワイドで緩やかなテーパードシルエットの2タックのユーズド加工デニムとなります。

2022年11月28日月曜日

BAF(Brooklyn Armed Forces Inc.) 新型米陸軍・ECWCS Level 7 TYPE-2通称モンスターパーカー

こんばんは。このグログをご覧いただきありがとうございます。
今夜は先日ご紹介した色違い、アメリカ軍のB.A.F(Brooklyn Armed Forces Inc.)社製のGen III Level 7 TYPE-2通称モンスターパーカーをご紹介致します。

新型米陸軍・ECWCS Gen III(第三世代)は-40℃~16℃の様々な気温、湿度に対応できるよう7種類のトップスと5種類のボトムから構成され、こちらのジャケットは-40℃の極寒エリアを想定して作られたレベル7に該当するジャケットを再現。

シェル素材は撥水性のあるナイロン素材を。インナーは極寒条件での快適性とパフォーマンスを向上させるために6ozのPrimaLoftを使用。プリマロフトは圧縮可能で軽量、濡れても着用者を暖かく保ちます。

米軍においてLevel 7の最終防寒アウターとして設定されていて、極端な寒さの中でも最高の快適を追求して作ったのはちろんですが、防弾チョッキなどの上に羽織るものと想定されて作られているのでサイズがかなり大きく作られています。

最強の防寒アウター。お布団着てるようなもんです。
今回Sのみで市場価格よりかなりお買い得な42000円也。次回分は4万円代後半になることは決定してます。

2022年11月27日日曜日

gold ヴィンテージをベースにブランドオリジナルで開発したサステナブルな素材を使用したインディゴデニムのジャケットとパンツ

こんばんは。このブログをご覧いただきありがとうございます。
今夜は昨日に続き、"gold"からヴィンテージをベースにブランドオリジナルで開発したサステナブルな素材を使用したインディゴデニムのジャケットとパンツをご紹介致します。

gold "RECYCLED WASTE SUVIN COTTON YARN 11oz. DENIM 5POCKET TAPERED PANTS, BLUE"

goldは1965年に創業した日本屈指の衣料メーカーである東洋エンタープライズ社が、長年培ってきたヴィンテージ復刻の技術を元に展開するスペシャルなブランド。

デニムジャケットは1940年代の1st Typeをベースに胸ポケットは排除し、使い勝手の良いハンドウォームポケットを配備。
前立て裏はヴィンテージ同様にセルビッヂを、また当時では46サイズ以上ものだけの仕様なっていた背中のTバックと呼ばれるディテールを再現。

デニムパンツはTALONジッパー、隠しリベットなどのビンテージディテールにゆったりとした太めのシルエットで裾に向かってテーパード。

素材は共通。ブランドオリジナルで開発したサステナブルな生地、"リサイクル ウェイスト スビン コットン ヤーンデニム"を使用。
希少超長綿スビンコットンのコーミング工程で落ちた綿を収集し、糸として撚り直し、緯糸(よこいと)にスビンコットン100%の糸を使用、縦糸7番、緯糸10番の糸を旧式のシャトル織機で織り上げています。
非常に非効率な生地で、1日で織る事の出来るのは25m程ですが、リサイクルコットン(落ち綿)のムラ感やネップなどスビンコットンならではの素材感が特徴。

コーディネートは普通にデニムセットアップ。デニム×デニム大分普通になって来ましたね。