2016年9月22日木曜日

VINTAGE WORKS 2016年F/Wの新作ラウンドしたプレート状のバックルが特徴の【DH5717】と再入荷のベルト

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は国内の老舗ベルトメーカーVINTAGE WORKSから新作と再入荷したベルトをご紹介します。

【DH5717】2016F/Wの新作。ラウンドしたプレート状のバックルが特徴の1本。
真鍮に分厚いシルバーメッキを施し一つずつ手磨きで仕上げているので輝きはシルバーそのもの。革の幅は30mmと若干細めのサイズ感で着脱もしやすくストレスの無い1本です。




【DH5524】1993年より生産されているモデル。
幅は36mmと使い勝手のよいサイズ感、他のモデルより革厚を若干薄くし装着製を高めています。デニムからチノ等のカジュアルな場面や軽めのビジネスシーンにも対応してくれます。



【DH5675】安定した人気で継続生産されているこちらのモデル。
通常の10倍の銀メッキを施したバックル、ヴィンテージワークスの中でもちょっとだけセクシーな印象が国内のみならず海外でも人気の1本。濃いデニムやパリッとしたチノなど小綺麗なスタイルに良く合います。


【DH5536】VINTAGE WORKSを代表するモデル。
発売より20年以上一度も仕様変更や生産中止にならず制作されている唯一の品番。
絶大の人気があり未だに年間1000本は制作しております。バックルは手打ちの様な表情のある凹凸が特徴、通常の10倍の銀メッキを施し硫化させ黒くし、1つずつ手磨きされるその見た目は「銀」そのままです。

Vintage Works
1992年それまで国内では皆無であった海外製品にも劣らない革製品を作る事を目標に業界の有志数名にてスタート。
それまでのベルト作りにおける常識を見直しつつ新たな技法、加工技術、また革だけにとどまらずバックルなど金属製品パーツの製造にも積極的に取り組み何にも例えられる事のないオリジナリティーを持った製品の開発に成功。
その製品は高いクオリティーを色褪せないデザイン、他を圧倒する存在感と堅守性、良い物に必要な正しき質を持ち合わせています。
目まぐるしく変化する社会の中でも、合理化はせず熟練の職人の手作業を重んじた極めて信頼性の高い製品を製造する事を20年経った今でもかたくなに守り続けており、近年ではその伝統を守りつつ経験に裏打ちされた高い生産性を持つ生産部も併設し様々なコラボレーションアイテム、OEM製品の製造に意欲的に取り組んでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿