2016年9月29日木曜日

2016F/W ラグランスリーブ クルーネックスウェット WORKERS&RIDING HIGH

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はクルーネックのスウェットをご紹介します。

今季の秋冬、RhythmではクルーネックのスウェットをWORKERSとRIDING HIGHからセレクト。
どちらもラブランスリーブで縫製は4本針のフラットシーマ。
作りは似てますが、それぞれに特徴があるので、皆さんのライフスタイルに合った物をチョイスしてもらえたらと思います。

まずはWORKERSから。



今シーズン新たに作った裏毛(スウェット生地)で、さらにWOREKRSでは初めて起毛をかけた本格的冬用スウェット。

ガチガチに目を詰めて編んでいるので形崩れがしにくく、オンスも15 オンス程度あり、いわゆる「超ヘビーウェイトスウェット」。

形はシンプルで詰め気味の丸首に着込んでも首が伸びにくいバインダーネック。

袖はラグランスリーブでフラットシーマーメインの縫製。

1 枚で着て暖かく、生地自体がしっかりしているので形崩れもしにくい。
できる限りがっちり、しっかり作ったスウェットです。

素材 15オンス・コットン100%・ヘビー裏毛縫製 総綿糸
MADE IN JAPAN

WORKERSのコーディネート。










お次はRIDING HIGH。





今季新しくなったスタンダードスウェット。

1960年代のヴィンテージを再現したラグランスリーブでクルーネックのスウェット。
アメリカ製の生地特有の乾いた質感の生地を日本で生産。

主要な部分はフラットシーマ(4本針)で縫製。
それを強目のウォッシュ加工が施され、着古した風合いが出ています。

プライスも7600円と買い得。

素材 7.5oz USA Washed fleece 100%Cotton
Made in JAPAN

RIDING HIGHのコーディネート。
SHOES ANACHRONORM "SHELLCAP LOW by PRAS,BORDEAUX"
CAP AMERICAN NEEDLE "Ballpark, Boston Red Sox"




0 件のコメント:

コメントを投稿