2016年10月16日日曜日

TCB jeans ヴィンテージの30'sオーバーオールを元にしたエプロン付きオーバーオール"TCB HANDYMAN PANTS"

本日2件目の更新です。
今期からお取り引きを開始した、岡山県倉敷市児島にある縫製工場の自社ブランド(ファクトリーブランド)として展開しているTCB jeansからエプロン付きのオーバーオールが入荷しました。




1930年代のビンテージを元にした珍しいエプロン付き。

ハートランドコットンといわれるアメリカの中心部であるミシシッピー川流域のテキサス産コットンを80%使用。
残り20%はコーマ落ち(落ち綿)といわれるリサイクルコットンを入れることで、やわらかく風合の良いの生地になっています。

ディテールは2重のエプロン付き、真鍮製の2本足のドーナツボタン、ダブルニー、当時生産効率より使い勝手を優先して作られた左右非対称のビブポケット、なんとも言えない色の抑えたオレンジ色のカンヌキ等。

シルエットはウエストは細く、お尻にかけてたっぷり膨らみ、そのまま裾にかけて太いストレート。

ヴィンテージが好きなお客様にも満足していただける仕上がりになってると思います。

オーバーオールはたっぷりした体型の方がよく似合うのですが、こういったエプロン付きのオーバーオールは腰回りがたっぷりしてなくても決まるから探してたんですよね。

しかもいろいろ見てる方なら分かって貰えると思います、コレ超お買い得。


0 件のコメント:

コメントを投稿