2015年9月5日土曜日

SUGAR CANEの代表作"1947モデルTYPE- Ⅲ(SLIM FIT)"に耳付きのブラックデニムを使用したジーンズ

アメカジの老舗、東洋エンタープライズのワークブランド、SUGAR CANE/シュガーケーンからトレンドのブラックデニムが到着です。
Shirt PIG&ROOSTER "LANI CHECK SHIRT" Made in JAPAN
Innner MILLER"Tank Top"white Made in USA

SUGAR CANEの代表作"1947モデルTYPE- Ⅲ(SLIM FIT)"をベースにセルヴィッチ付きのブラックデニムを使用したジーンズです。

縦横共に芯まで染まったムラ糸で珍しい耳付きのオリジナルブラックデニム。

ディテールは1947年LIVI'S501の完全レプリカ。
鹿皮製のラベル、ブランドロゴが刻印されたオリジナル鉄製ボタン、銅製打ち抜きリベット、コインポケットはシングルステッチ、裏はもちろん耳付きです、
尻ぐりの巻き縫い部分は箇所により太さや色の頃なる十数種類の縫製糸を使い分けています。

この時代にブラックデニムは存在しませんが、新品ならではの発想で考えていただけたら全然ありですよね。

コストパフォーマンスもハンパないです。


SUGAR CANE(シュガーケーン)「サトウキビ」という名を持ついかにもアメリカ的なこのブランドこそ、日本に誕生した初めての米軍向け衣料メーカーである。
1965年、米軍によるベトナム戦争への本格的介入を機に、米軍基地関係者を対象にSUGAR CANEの生みの親である東洋エンタープライズは設立された。
その後、米軍向けの衣料製造と共に国内への米軍サープラスの流通窓口としての展開も行い、ベトナム戦争が1975年に終結すると完全な国内向けの衣料メーカーに転身。
当時米軍基地に駐屯していた将校によって「SUGAR CANE」と名付けられる。
SUGAR CANEの誕生は日本でありながら、米軍基地を相手に育っただけにその精神も物作りのノウハウも本場仕込み。
当時から現在に至るまでアメリカのシンボルとも言えるデニム素材を中心とした本格仕込みのワークウェアを作り続けている。

0 件のコメント:

コメントを投稿