2016年11月21日月曜日

WORKERS2016秋冬のジャケット“Moonglow Jacket"

本日2件目の更新はWORKERS2016秋冬のジャケット“Moonglow Jacket"をご紹介します。

生地は秋冬らしい厚手のウールコットンサージとウールリネンサージの2種類。
ウールリネンはセットアップでご用意してます。
ワーカーズのジャケットは毎年微調整を懲り返し、完成度の高さが好評で今季も素晴らしい出来です。




今年のWORKERS、裏付ジャケットは二つボタン。
ボタンの位置がポイントで、真ん中ボタンを一つかけてちょうどみぞ おちのあたり。
下のボタンはかけないほうが裾が綺麗に落ちます。デザインはチェンジポケットあり、胸の箱ポケットはちょっとカーブを付けて。
3パッチやパッチ&フラップ+胸箱といったアメトラ定番デザインとは違う、もう少しクラシカルなデザインに。

素材のウールコットンサージは今回のラインナップの中で一番厚く、硬い。
ガリガリっとした手触り。着こんで徐々に柔らかく成って体に合っていく・・・といった風合い。

ウールリネンサージはタテ糸にウール、ヨコ糸にリネンで綾織して、織りあげた後ワッシャー(洗い)にかけて表面にデコボコした表情を出しています。
Moonglow Trousersが組下。

身頃裏はコットンのシャツ生地、袖裏はすべりの良いキュプラ。 

WORKERSのジャケットは着丈が長すぎず、肘から先がすっきりしたシルエット。
カジュアルでも合わせやすく、かといって細すぎる・カジュアルすぎるとならないよう、バランスを取っています。


WORKERS、今年の裏付きジャケットは二つボタンのMoonglow Jacket。ボタンの位置がポイントで、ちょうどみぞおちの辺り。本来、人間のウェストよりはだいぶ上にしています。ただ、みぞおちあたりも人間の体ではかなりぐるりの寸法が絞られている位置で、体を動かしても寸法変化がしづらい。また、ここのボタンをしめて、そこから下をしめないと、腹の一番太い部分はゆとりが残ります。つまり、上ひとつがけすると、すっきりして見えるけれど体を動かしたときは必要なゆとりが生まれる、という事です。

ウールコットンサージ。太い糸で、でもある程度密度を持って織られています。厚く、重く、硬い。ざらざら、ガリガリとした手触り

ウールリネンサージ、ウールコットンよりは薄く、でも表面には凹凸感があります。これは、生地の段階でワッシャー(洗い)が入っているため。

ラペルの第一ボタンは穴が開いていて、逆側にあるボタンを閉めればちょっとしたマフラー代わりに。

こちらは昨年のMaple Leaf Jacketですが、この日は風が強くとても寒かったです。ラペルのボタンを閉めて防寒性アップ!

胸は玉ぶちポケット。若干カーブさせて、エレガントな雰囲気に。

袖口はあえて開きがあるようにはせず、筒袖に飾りのボタンだけをつけています。袖丈直しに出していただいたときにやりやすいように。

袖裏はキュプラ。同じストライプでも身頃のコットンシャツ生地とは違う素材を。やはりすべりをよくしたいためです。

身頃の裏地はシャツ生地を。現代的なジャケットであればここもキュプラにすると思いますが、やはりWORKERSではあえてコットンブロード(シャツ生地)で、カジュアルさとがっしりした雰囲気を。

内ポケットは、古いブルックスのようにダブルの押さえステッチ。実際、玉ぶち布がよく落ち着くので着ていて袋布があたる感じを抑えてくれます。

裾のゆとり部分。裏地がつれないようにゆとりを入れています。これは袖口も同じ。WORKERSの作るジャケット、あくまでカジュアルジャケットです。毛芯も使っていませんし、ハンド部分もありません。オールミシン縫いです。それでも、パターンやディテールで「ジャケットらしさ」「ジャケットとしての機能性」を表現できるところではできる限り仕様を盛り込んでいます。すごく見えづらい部分ですが、とても大事。長く着ていると表生地・裏生地の縮率差が出てきます。そんな時もこのゆとりがあれば、ショックアブぞーバーの役割をしてくれます。

パターンだけでもわかるのですが、仕様書にもこんな風に指示しています。

腰は右身頃側にチェンジポケットあり。わかりづらいですが身頃は3面構成。

これもジャケットならば当たり前の仕様。前端のステッチを行くときに、返り線より上はラペル側(見返し側)が縫い目の表目。そこから下は身頃側が縫い目の表目になるように、一回ステッチを切っています。
本格的なテーラードジャケットであれば当たり前の仕様です。でも、カジュアルジャケットだとついつい省略されていたりする仕様なのです。

表目が綺麗、裏目が汚いという、見た目だけの問題もありますが、それ以上に前端がはねる(外方向にカールする)のも防いでくれます。
ステッチは、どんなに上糸・下糸のバランスをとっても若干、下糸側に巻き込むというか、カールするというか。その特性を利用して、ラペルはラペル側から、前端裾に向かっては表から縫うことで、それぞれ布の向く方向を変えています。(うーん、説明が難しい)気になる方は展示会のときに直接聞いてください。

WORKERSでは、Lounge Jacketでも同じように始末しています。カジュアルジャケットだけど、ジャケットとして最低限抑えなければいけない部分は抑える。それが、WORKERSのカジュアルジャケットを特別なものにしてくれている・・・(と信じています)

素材
"Moonglow Jacket, Wool Cotton Serge"
10.5オンス・ウール60%/コットン40% コットンウールサージ
"Moonglow Jacket, Wool Linen Serge"
9.0オンス・ウール60%/リネン40% ウールリネンサージ
裏地:綿100%ブロード(シャツ生地)
袖裏:キュプラ100%
附属 樹脂ボタン・WORKERS織りネーム
縫製 表部分綿糸・地縫い部分スパン
MADE IN JAPAN

0 件のコメント:

コメントを投稿