2016年8月21日日曜日

TAILOR TOYO ヴィンテージを元に細部まで忠実に復刻したスーベニアジャケット(ベトジャン)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はTAILOR TOYO/テーラー東洋の今期の復刻"ベトジャン"をご紹介します。
第2次世界大戦後の日本で誕生したスカジャン同様、1960年代から1970年代にかけてベトナム戦争次に駐留した米兵たちが現地のテーラーで刺繍を施したジャケットスーベニアジャケット通称「ベトジャン」。
コットンツイルやボンチョライナーをベースにしたものが多く、マットな太めの色糸で刺繍が施されているのが特徴。

今回入荷した2型はフロントの刺繍がバランス良く、背中はスカジャンではあり得ないヘタウマで愛らしい虎がベトジャンらしい一枚と、
胸に虎と福の文字、両袖に龍、背中にはベトナムの地図が刺繍されたオーソドックスな定番スタイル。

どちらも実在するヴィンテージの図案を元に製作された1枚です。



※ただいまこのベトジャンをお買い上げ頂いたお客様にスカジャンやベトジャッンの歴史が詰まったテイラー東洋のカタログを差し上げてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿