2019年7月5日金曜日

HECHO EN VENICE カリフォルニア ベニスビーチでチカーノが運営する横乗りのローカルブランドHECHO EN VENICEのTシャツが入荷しました

皆さま毎度こんばんは。いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。
今夜はアメリカからの買い付けアイテム、カリフォルニア ベニスビーチでチカーノが運営する横乗りのローカルブランドHECHO EN VENICEのTシャツをご紹介させて頂きます。


HECHO EN VENICEとはスペイン語でメイドインベニスという意味。
カリフォルニア州南部は歴史的な背景もありチカーノ(メキシコ系アメリカ人)が多く、彼らのルーツであるメキシコと地元ベニスビーチ愛が感じるTシャツです。



Hecho En Venice
Oscar Galan氏がカリフォルニアのベニスビーチで始動したブランド。意味はMade In Venice。
80’sからVeniceのスケートシーンで働き始め、当時の著名スケートブランドの製作にも携わり、90’s初頭に自身のショップ”Venice Extreme”をオープン。その後”Venice Breakwater”に改名。最初のブランド”Danger”を80’sに作り始め、その後”Heicho En Venice”をスタート。
時の流れと共に”Venice Breakwater”は閉店しますが”Heicho En Venice”はブランドとして継続、VenisとVenisのSurf/ Skateをこよなく愛するOscar氏の製品は現在もローカルのSurf/ Skateショップにて取り扱われています。

0 件のコメント:

コメントを投稿