2018年8月6日月曜日

CAL O LINE シルクのニットキャップにピグメント加工を施した "SILK KNIT CAP-2"

こんばんは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日はCAL O LINE/キャロライン2018 F/Wの新作一発目、毎シーズン人気のニットキャップをご紹介させていただきます。
こちら素材はまさかの日本製シルク95%。さらにピグメンド加工で雰囲気を出しています。

形は被りを浅めに、編み地は畦編みの誰でも似合うシンプルなニットキャップ。

高級素材だけあってかぶり心地はもちろん吸水性と放湿性がコットンの1.5倍だそう。
なので夏はサラッと爽やか、冬は保湿効果で暖か。
通年かぶれるニットキャップでございます。

シルク唯一の欠点、伸縮性はポリエステルのスパン糸を5%入れる事で改善。
もちろん国産。ここまできていくらやねん?な方をご安心を。
シルク製品を生産する工場から出た落ち綿ならぬ、落ちシルクを使用したリサイクルシルクなのでプライスも5200円と大変良心的なプライスなのでご安心を。




0 件のコメント:

コメントを投稿