2018年2月22日木曜日

Champion 青単タグがついた超限定のリバースウィーブ

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は超限定のChampionリバースウィーブパーカーをご紹介させていただきます。





チャンピオンの1970年代の青単タグがついたリバースウィーブの中でも、ごく少量生産で、日本の代理店ヘインズジャパンの直営やカタログには載らず、全国でも数店舗のみ取り扱いの超限定プルオーバーパーカー。

プリントは胸、カンガルーポケットや袖、バックプリントに大胆にプリントされています。

生地は11.5oz.の裏起毛、洗うほどにタフになり着込むほどに風合いが増す昔ながらのリバースウィーブを極限まで再現。

リバースウィーブとは1930年代-50年代にかけて開発されたスポーツウェアで、当時スウェットシャツの悩みであった激しい縮みを防ぐ為、ボディー生地のタテ織りを横向きに変え、縮みを解消させています。
さらに、着心地の良さと激しい動きにもスムーズに対応する追求すべく、両脇にリブを配しています。






0 件のコメント:

コメントを投稿