2016年1月13日水曜日

HEADLIGHT 11oz.デニム オーバーオール

長い間売り切れていたヘッドライトの復刻オーバーオールが春物として再入荷しました。

1950年代のオリジナルを元にディテールから縫製に至るまで完全復刻したオーバーオールです。

生地は横糸は白ではなくグレー、ビンテージワークパンツに見られるくすんだ色を再現した11オンスブラックバックデニム。

ディテールは当時のデザインのままフロントビブのポケット周り、耳使い、フラッシャー、ハンマーループ、ツールポケット、レーヨンHEADLIGHTネーム、ロゴ入りスナップボタン等。

オーバーオールって着てみるとなんか違うなって方結構いらっしゃるんですが、店主の経験だと背中がぴったりしすぎるんですよね。
こちらのオーバーオールはそんな方にオススメなのです。

バックスタイルがクラシックな仕様のローバックタイプは腰回りがたっぷりしていてバランスが良いのです。
洋服をわかってらっしゃる方はもちろん、なんか違うなって思ってオーバーオールを避けていた方に是非もう一度挑戦していただきたいです。


創業者Larned E Abnerにより1889年にLarned, Carter&Coを設立。
ヘッドライトはラーンドカーター社のブランドとして"CROWN-HEADLIGHT""Carhartt-HEADLIGHT-Fincks"とネームが変わりながら1960年代まで存在しました。
当時としては珍しく織布から縫製まで自社で一貫生産をしていたことから、製品に対するこだわりや独特のディテールが今でも人気があることが伺えます。
ラベルやフラッシャーのトレードマークが表す通り、鉄道員や機関士に好まれ供給されていました。
これらのアイテムは現在コレクターの間で人気が高く、入手困難とされるアイテムを現代に甦らせています。

0 件のコメント:

コメントを投稿