2015年10月10日土曜日

ANACHRONORM ローゲージのニットを使用し袖、身頃裾に入った配色ラインのハイネックセーター

ANACHRONORM/アナクロノームの新作ニットが到着です。



今期はニット高いですよ。。
色々見ましたがこのアイテムが唯一と言って良いほど値ごろ感のあるニットです。

まあ嘆いてもしょうがないのでディテール行きましょう!

ローゲージのざっくりしたニットをベースに袖と裾にラインが入ります。
よく見ないと気づかないのですが、リブとラインの間にはネックと同じ編み方のニットで切り替えてあります。


袖はフリーダムスリーブ。ヴィンテージスポーツウェアに見られる仕様で腕の動きがスムーズになるよう設計されています。

ポイントになるラインが効いていて一枚でももちろんですが、ハイネックなのでジャケットの下に着たいですね。




 ANACHRONORM
ブランド名のANACHRONORMとは「anachronism(良い意味での時代錯誤)」と「norm(基準)」との造語”から由来している。次の時代のヴィンテージ、そしてスタンダード”をコンセプトにして、技術的には未成熟で粗野なモノづくり感を、現代の生地・縫製・加工技術で表現。 日本の素材・技術をふんだんに使い、手作業ならではのシワ、ダメージ感、風合い、味わいを今の新しいスタイルで提案する。

0 件のコメント:

コメントを投稿